Hungry girl's diary

Introducing easy and healthy everyday Japanese home cooking.
カテゴリ:未分類( 43 )
オクラのたたき  chopped okura
普段はアメリカ人対象にお料理教室を行っているが、恐れ多くも、たま〜に、凄くたまにリクエストに応じて日本の方に教える事がある。今日はお若くて可愛いおじょうさん。花嫁修業、ということで基本の和食です。さて、最近オクラの良いのが近所のマーケットで手に入るので、オクラのたたきの納豆和え、を作ってみることにした。ネバネバ同士でそのまま食べても冷や奴、お刺身、おそば等に掛けても美味しい。まず、オクラを塩揉みしてからさっと熱湯でゆで、細かく包丁でたたくのだが、お嬢さんに”じゃあ、たたいておいてね”オクラを任して納豆の準備をしていると、ピシッという音が。振り向くとお嬢さんがオクラに平手打ちを食らわしている。。。。え?あ、ジョーク?笑った方が良い?いや、まじですよ。。。こう見えても私は結構修羅場をくぐっている。公立の高校に勤めている時なんかは生徒がドラックのオーバードースで授業中に白目を剥いて泡を吹いているのにも遭遇している。めったに言葉を無くすという事は無いのだが、今回は一瞬ではあるが、ちょっと狼狽えた。まいったでござるが、なかなか新鮮な経験であった。長生きはした方がいい。。。

Most of my clients are non Japanese, but once in a while, I take japanese client upon request. Today's client was a super young and cute Japanese girl preparing to become a good wife (whatever that means...sorry, it's just that I'm totally jaded on that field...!) Since I'm getting some nice okura, I thought we prepare a dish with okura and natto(fermented soy bean). Both of them are very sticky and gooey....something we Japanese love, but might be an acquired taste for the Americans. When we chop something into small pieces, we say "tataki" which literally means "slapped" in Japanese. I asked her to "tataki" the okura and turned my back for a second. Then I heard a "slapping" noise. As I turned around, I saw her slap the okura with her bare hand.....for a moment, I thought she was being silly. Then I realized she was damn serious......you know, Ive been through some rough things in my life. When I was a teacher at a public high school, I've witnessed my student ODed during the class and pass out. It's so rare that I become speechless, but boy, this one did it for me. You know, getting old is not bad after all....life is full of surprises!
[PR]
by hungry-witch | 2011-06-02 12:54
チリ産巨峰 Kyoho grape from Chili
今日、近所の八百屋さんでチリ産の巨峰、{kyoho}とラベルが張ってあるものを発見。日本のよりちょっと色が薄い気がするが買ってみた。息子は日本で巨峰を食べて以来、キョッホ、キョッホと思い出しては懐かしんでいる。キョホウでなくて、キョッホになっているにしても、ガールフレンドになった二人のかわいい女の子の名前は思い出せない。。。まさに色気より食欲である。さて、家に帰ってから早速試食してみれば、限りなく日本の巨峰にそっくりな味である。これは嬉しい。ただ、アメリカ人はやっぱり皮ごと食べるんだろうなあ。。。剥いてあげたい。

I found some "Kyoho" grapes from Chili at the neighborhood market. Kyoho is a Japanese grape and amazingly juicy and sweet. It has thick skin, so most Japanese peel the skin which slips right off before eating. It's 100 times tastier without the peel, but I wonder if people here know about this. When I came here, I was amazed how people eat everything with skin on...apples, grapes, peaches, etc. I learned to enjoy the convenience of eating with skin on, but to be honest, things taste better when the tough part is removed. So, if you happen to find the Kyoho grape, please peel before popping them in your mouth. And if you really want to eat like Japanse (for whatever reason...), then take out the pits, too! Bon appetite !
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-08 02:16
SHO Shaun Hergatt
柚や、紫蘇、味噌など和の食材が増々人気になり、レストランのメニューにも”柚フレーバーのXX”とか”XXの味噌ソースがけ”みたいなのが登場する。アメリカ人にしてはエギゾチックな食材だが、日本人には慣れ親しんだものばかり。言っちゃ悪いが「分かってないな〜』と思ってしまう使い方をするシェフも結構多い。ただ、時々、「わ〜、こんな風に使うとは。。。お見事!』というものに出くわす。今日がそうだった。レストランはウォール街にある『SHO Shaun Hergatt」という、アジアとフレンチのフュージョンのお店。まだカメラは深い眠りから目覚めていないので。。。というか新しいカメラを買っていないので大変残念ながら写真はないが、兎に角美しいプレゼンテーションと絶妙な味のプレンドが楽しめる。ワインリストも充実しているが、お酒も結構そろっていてお料理とのペアリングもできる。選りすぐりの食材の持ち味を殺す事無く、でもしっかり手をかけていて、誠実なフュージョンと言った感じ。場所があまり便利な所でないので行くのがちょっと大変だが、サービススタッフの感じもとても良かった。気軽に行ける値段ではないが又6ヶ月後ぐらいに行きたい。

There are many fusion restaurants, but only a few does it right. Today's restaurant, SHO Shaun Hergatt was one of this few restaurant that doesn't serve "fusion confusion". What's so great about this place is first, presentation. It was both tasteful and beautiful. All ingredients were fresh and high quality and was cooked to perfection. The sauce and foam (!) were not over powering and well balanced. Extensive wine list and on top of this, they sake paring was also available. Great service and quite atmosphere. Perfect for the "special" outing. Comes with the price, of course, so I guess I'm happy to go back there like in 6 months.

SHO Shaun Hergatt
40 Broad St, 2nd Level at The Setai Wall Street New York, NY 10004
Cross Street: Exchange Place
(212) 809-3993
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-01 13:46
パンチラ事件  under pants incident
朝の大騒動でかなりの体力を消耗した今日であったが、更に凄い事になった。学校帰りのスクールバスから降りた息子はもう、ボロボロと言った感じであった。結構タフ野郎なので、こういうのは初めてである。訳を聞いても涙をぽろぽろ流すだけどしばらくは口をきけない状態だったが、ちょっと落ち着いてから話してくれた。友達が「お前パンツ履いてないんじゃない?」とからかったので、「履いてるよ!」とちょっとズボンをめくってパンツを見せた所、先生に見つかって大騒ぎになったという。それを聞いてメールをチェックしてみれば先生からその事に関して苦情が入っていた。『お宅の息子さんが、他の生徒にパンツを見せました。。。。』 ああ、そうだよ。パンツを見せたのは悪かった。でもね、『お前パンツ履いてないだろ』と言われて、『履いてるよ〜』とちらっと9歳児が友達に見せるのがそんなに悪いかね? 私だってやるよ。。(これは問題かも!)別にフリチンで踊った訳でもなし、勘弁してよね。ちょっと大げさではないか。幼稚園児の男の子が女の子にキスをして退学になるこの国。確かに性的ハラスメントは深刻な犯罪であるが状況をもっと常識的に判断してもらいたいものだ。普段は学校から苦情が来ると鬼ばばあの母だが、今回は息子がかわいそうだ。一緒にアイスクリーム屋さんでソフトクリームを食べた。それから公園で日が暮れるまで遊んで、最悪の日の後片付けをした。明日はもっといい日であるように。。。少年よ、わんぱくでも良い、たくましく育ってくれ、丸大ハム。母は既にたくましくて、強いから絶対君を守るよ。

After the whole "fast fire challenge" from this morning, there was more to come. After school, my son came out of the school bus in "mess". He was so up set to the point he could not talk while so much tears came out of his small eyes. Apparently, one of his friend teased him that he may not be wearing an underpants. So he pulled his pants a little to show his underpants to prove his innocence. One of the teacher saw this and the whole thing turned into a "big deal". When I checked my email, there was an email from his teacher saying "Your son showed his behind to other students..." OK, I agree...showing the underpants was inappropriate. But it's not like he was dancing with his pants down. He was only reacting to his friends comment. I understand that sexual harassment is a serious issue, but come on, 9 year old peaking a part of his underpants to prove his innocent should not draw this much attention. Of course he should be scolded, but this was such an over kill. If a close friend of me asked whether I was wearing my underpants, I might even do the same (this might be more of a problem...) Usually, when I get any "notice" from his school, I'm an angry bear, but this time, I feel bad for my son. We went out for an ice cream and hang out at the dog ran at the park until the dawn. Son, tomorrow will be a better day. Your mommy is tough enough to make sure you're OK, so I got your back. We shall survive!
[PR]
by hungry-witch | 2011-04-28 10:44
知りたくなかった。。。Wish I didn't know...
春休みも残り少なくなり、『休み中にする事』のリストもあとちょっと。その中で、まだ例のハンバーガー屋さんに行ってなかったのでプレイデートがてら子供3人、大人3人で『FiveGuys"』に行って来た。メニューに普通サイズと『ミニ』がつくサイズがあるのだが、知らずに普通サイズをオーダーすると大変な事になる。ここは、ミニが他の店でいう、普通サイズにあたるからだ。値段は結構良心的だが味は大騒ぎする程のものではない。さて、最近法律が厳しくなったせいか、ファーストフードのメニューにカロリーがのっているのだが、これはどうも複雑な気持ちにさせられる。フレンチフライのLサイズが1400カロリーなんていうのを見ると、ギョッとしてしまい、あ〜、知りたく無かった、とつい思ってしまう。しかし、1400カロリーはすごいな。。。結局、この1400カロリー(ちょっとくどい?)6人で分けて食べました。結果としては凄い量だったので正しい選択だったのだけど、あのカロリー表示、確かに肥満対策としては効果的かもしれないが、おばあちゃんのお言葉を借りて、要らん御世話の焼き豆腐、と言いたくなる。

I finally have made it....the spring break is almost over. There is only a coupld of things left on our "To do list during the break". But, we still haven't tried the burger places I've written about before. We finally stepped our foot into the "Five Guys'" with my son's play buddies and their parents. The place is OK..nothing to get so excited about, but the price is descent and the burgers are standard. BUT, be ware of the sizes. In the menu, there is the normal size section and the mini size section. The mini sizes are equivalent to other restaurants' regular size. Keep this on your mind when ordering....

Just one thing.....with the calory display policy, more fast food restaurants have calories next to each item on the menu. I understand that this is to put a stop to a serious obesity problem in this country, but boy this is such a big TURN OFF! I mean, who would wanna order Large french fries when you see "1400 calories" next to it? Thanks a lot, I could've done this without knowing the damage.....there's such saying as "Ignorance is a bliss!" I'm all for that. We ended up sharing a Large fries amongst 6 people, but this calorie thing has gotten too far. Leave us alone! I know, I know...it's all for the healthier America....but you're spoiling the fun!
[PR]
by hungry-witch | 2011-04-26 04:33
アメリカ人とお寿司  Sushi scene in NYC
今日は寿司教室。お寿司が大好きなクライアントさん達がはりきって到来。お寿司を教える時、寿司とは職人さんが長年修行して作られるもので、私が教えられるのは家庭で楽しむ程度の家寿司です。明日からイッチョマエの寿司マスターになると思ったら大間違えのコンコンチキだからね〜、としっかり念をおしてから取り組んでいる。そして『マンゴー入れていい?』(マンゴーが入っている寿司を出すお店が実はNYにはある。)と聞かれれば、『。。。あんまり、あたしゃ食べたく無いけど、お好きなら止めまへん。』と答えている。正統派なお寿司が食べたければ腕の良い職人さんのお店で食べるしかないけれど、みんなでわいわい楽しみながら、しかもうんと経済的に食べたいなら家寿司である。さて、寿司作りもそろそろ終わりに近づいて来た時、クライアントの一人が『この間寿司屋で起きた事で疑問に思う事があるのだけど、聞いても良いかな?』と遠慮深そうにいった。創作寿司で人気の結構有名なお寿司屋さんで、ネタに塗ってあったタレがおいしかったので他のネタにもつけてくれ、と頼んだ所、職人さんから断られた。どうして?と言う質問だった。はっは〜ん、それはアメリがカ人にとってはショックであろう。しかし頼まれた職人さんも気の毒にのう。アメリカのレストランではお客が食べ物に関して色々注文するのが普通である。例えば、サラダのドレッシングはかけないで別に持って来て、とか、ほうれん草は炒めないで蒸して、とか、XXの代わりにOOにして、みたいな、相当わがままな注文も結構受け入れられている。だがお寿司は職人さんの腕と感性を信頼して、みたいな所もあるのでお客があれこれ味にかんして注文することは日本ではあまりないだろう。塩味の卵焼きを焼いてもらうだけの事で大金を叩きこまめに足を運ぶ人たちが居た(まだ居る?)のだし。一応説明は試みたが、どうも納得がいかないようだった。笑い事ではないけれど、こういう文化のギャップは興味深い。和食の深い所を理解するアメリカ人は着実に増えているので頑固職人さん、がっかりしないで美味しいお寿司を作り続けて下さい。

Today's class was a sushi class. When I hold a sushi class, I always make sure to tell clients that they won't walk out of the door as a sushi master after the class. Sushi takes years of training and even those who are practicing for more than 20 years think there are still more to master. What I teach is a family style, make it just for fun, kind of sushi. Something you can enjoy with your children and friends. The New Yorker's sushi standard has gotten so much higher than what it used to be. But still some confusion at the sushi restaurant. One of my client asked me why he was denied when he asked to put speciality sauce on other type of sushi. I could totally see why he was confused.....people here are so used to putting special orders to meet their individual taste: "dressing on the side", "steam instead of sauté","substitute A with B" , etc. In sushi speciality restaurant, chef is the master. You eat what he serves, no question asked. Of course the chef works hard to serve the sushi at its best, such as size, temperature and timing. There is this unspoken rule of chef and the customer relationships in the sushi world. There are more casual sushi restaurants , too, but the speciality ones are a bit different. The challenge for the sushi chefs in this country is to accommodate customer's request while keeping the authenticity. BUT the necessity is the mother of great invention, I'm sure there are so many great good eats born from these challenges. Hip hip hooray to all the great chefs!
[PR]
by hungry-witch | 2011-04-24 06:38
地震情報
海外にお住まいの方々はご家族や親類、知り合いの方々のご無事や、地震の情報をお知りになりたいと思います。まず、電話が通じない時、NHKがメッセージを放送しているそうです。

映像は以下で放送しています。

NHK: http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

フジテレビ:
http://www.ustream.tv/channel/japanhelpchannel

また、テレビジャパンのブロックも解除され、タイムワーナーではチャンネル541で見られます。

■通信各社の災害用伝言板は以下の通り
▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
iMenuトップの災害用伝言板リンクからアクセス。
伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。
PCからメッセージを確認する場合は http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。
【関連記事:消息情報を登録・検索できる「Person Finder」、Googleが開設】
▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZwebトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へアクセス。
安否情報の確認は http://dengon.ezweb.ne.jp/
▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。
安否情報の確認は http://dengon.softbank.ne.jp/。
▼NTT東日本
災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。
▼ウィルコムの災害用伝言板
ウィルコム端末からのアクセスは http://dengon.clubh.ne.jp/。
他社携帯やPCからのアクセスは http://dengon.willcom-inc.com/。
▼イー・モバイルの災害用伝言板
アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。 安否確認は
http://dengon.emnet.ne.jp/。

皆様のご家族がご無事な事を願っております。
[PR]
by hungry-witch | 2011-03-12 23:38
異常事態 Code Blue
普段、息子は学校から帰ると、靴もはいたまま、鞄もしょったまま台所に駆けつけて『おやつ何?腹減った〜!!』と大騒ぎする。ところがだ、昨日、帰って来て 『おなかすいてない。おやつもいらない。』というではないか。ただごとではない。彼が生きていた9年間、一度たリともおやつを辞退したことはない。増しては『お腹がすいてない』などあり得ない事だ。心配のあまり心臓がバクバクしてしまった。熱も計り、脈も計った。正常である。小児科医に電話をして 『大変です。家のが、おやついらないと言ってますぅうう!!』と言おうとして、ふと我に返った。笑われる。電話をひとまず置いて様子を見る事にする。晩ご飯も大好物のビビンバを一口食べて、もういい、と言う。おかしい。何か大変な事になるに違いない、と今日は学校を休ませた。そしてテレビをつけると、日本の地震のニュースが。急いで日本の両親の無事を確認したが、こういうのを虫の知らせというのだろうか。地震の被害がとても心配です。
The first thing my son says when he comes back from school is "I'm hungry! What's for snack?" He comes into the kitchen running with his shoes and back pack still on. But today, he said "I'm not hungry. I don't want any snacks." What???? This never happened in his entire life. NEVER! He's never declined the snack and for him to be not hungry is impossible. I knew this was really serious and urgent. I took his temperature and pulse. Normal. Then I grabbed the phone to call his doctor to say "My son said he didn't want any snacks!!" , then I realized I'll just get laughed at. So long story short, I decided to monitor the situation for a while. But I knew something awful was going to happen. He didn't even touch his favorite dish for dinner...., so I decided to keep him home this morning. Then the phone rang. It was from his teacher. "I wanted to make sure you and your family in Japan are OK...." (What? What is she talking about?), then I was told about the earth quake and the Tsunami that hit Japan. I called my family immediately to confirm their well being. They were all alright, thank god, but there are things in this world that are too strange or mysterious to be explained as just a coincident. To me, this is one of it.
[PR]
by hungry-witch | 2011-03-12 01:29
ブガーとチューリップ Boogers and Tulip
突然お下品ですが、英語で鼻くその事をブガー(boogers)と申します。今日、息子の学校の先生から、作文の時間に息子がブガーについて書いて、注意されても”ブガーの事しか頭に浮かばないもん”と言い張った。。。みたいな内容のEメールが来た。つったく。で、帰って来た息子に、先生への反省のカードをかきなさい、と申し付けた。するとカードにゴリラの絵を描き始めた。ちょっと違うんじゃないか、花とかにしたほうがいいんじゃないのか、と指摘して夕食の支度をしていると、完成したカードを見せに来た。ほう、先生の妹さんの結婚式の様子が描いてある。花を皆持っていてるから一応母の指摘もとりいれたらしい。さて、肝心の本文だが、こうだった。“先生、今日はふざけてごめん。先生も妹さんみたいに結婚できるといいね。” これは。。。。まずい。ただ息子は事がデリケートであるとは気づいてない。単に結婚式は楽しくて、先生も早く楽しい事があるといいね、みたいな感じで書いたらしい。 下手に説明すると余計に墓穴をほることにもなりかねない。むむむ。
I received an email from my son's teacher today. Apparently, he wrote about boogers during the writing class and insisted that he could only think about boogers....boys! Anyway, I told him to write an apology card to his teacher. He first asked if he could draw gorilla(yeah, like it shows how sorry he is....), so I suggested flowers might be more appropriate. Then he drew a scene from his teacher's sister's wedding with some flowers. Nice. BUT he wrote "I'm sorry for being silly during the writing. I hope you'll soon have a fun wedding just like your sister." Wow, that's might open some can of whoop axx.......Oh boy, how will I explain to him that this is such a sensitive subject? He thinks he was being nice to her by wishing something fun thing to happen.......
c0193723_143109.jpg

そこへドアのノックが。旅行から帰って来た下に住んでいる友達からチューリップのプレゼント。まだ寒いけど春らしくて良いではありませんか。さて、カード、どうするかのう。チューリップ一本持たせて口で謝らせる方が無難か? 
Then there was a knock on the door. Our down stair neighbor came back from the trip and got us some beautiful tulip. It's still very cold out side, but this brings a little spring in our apartment. Now, back to the card.....maybe he can bring one of these tulip and say sorry......just to be on the safe side...???
[PR]
by hungry-witch | 2011-03-09 14:39
休み中の子供教室 Kid's class during the break
c0193723_2284910.jpg

先週の冬中休みの子供教室は普段より長いクラスにしました。どこも働くお母さん達は子供の学校がお休みだと大変なので気持ちばかりのお手伝い。。。立場は同じです。。。その大変さ、よ〜〜〜く、痛いほど身にしみておりまする。
Kid's class last week was an extended class. As a working mom, I know how it is when the children's school is closed.....Hopefully a little time at my place would help them out....we working moms have to stick together, girls!
c0193723_2363179.jpg

天気も良かったので散歩がてらお魚屋さんでイカを買ってきました。
It was pretty nice out side, so we walked to the fish store and got some squid.
c0193723_237423.jpg

以前からリクエストされていたイカの唐揚げを作ります。タレにつけ込んだ後、ジップロックに片栗粉と小麦粉、そしてイカを入れてシェイク!
After marinating with some soy sauce based marinade, put squid, flour and potato flour and shake it baby!
c0193723_2402483.jpg

揚げます。
fry them with canola oil.
c0193723_2405444.jpg

おお〜、美味しそうではないですか。外はカリッ、中はふっくら。レモンもタップリかけましょう。
Look at this beauty! Super crunchy outside and still soft and juicy inside. Don't skimp on lemon!
c0193723_2433041.jpg

ちょっとフュージョンで紫蘇のパスタ。
A little fusion here....pasta with shiso leaf and garlic. Yum!
c0193723_2465918.jpg

デザートはパイナップルの寒天よせ。
Dessert is agar agar with pineapples. We compared the agar agar with jello. Pretty cool..like gastronomy cooking.
[PR]
by hungry-witch | 2011-03-04 02:49


by hungry-witch
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DIET MENU ..
from わWa NYC Japane..
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
Il Tesoro
at 2013-02-25 13:36
Albella
at 2012-04-23 03:26
ふぐ! blow fish ..
at 2011-11-19 01:15
たこ焼き  octopus..
at 2011-11-18 13:20
全力投球 best cate..
at 2011-11-14 13:59
たまにはね。。。 Once ..
at 2011-11-14 10:19
Il Punto
at 2011-11-10 23:17
ハローウィーン  Hallo..
at 2011-10-31 10:34
porgy&flounder..
at 2011-10-18 10:49
Kid's class ne..
at 2011-09-22 12:17
50 people cate..
at 2011-09-22 09:30
日本からの食べ物は汚染されて..
at 2011-06-14 03:27
Picholine @ Li..
at 2011-06-11 10:20
子供教室お披露目パーティー ..
at 2011-06-07 15:31
買っちゃった! my dar..
at 2011-06-05 10:39
オクラのたたき  chopp..
at 2011-06-02 12:54
弁当 SOS Bento..
at 2011-05-27 05:49
子供教室 kid's coo..
at 2011-05-25 13:09
鳥骨ラーメン chicken..
at 2011-05-24 09:42
被爆者のイベント Atomi..
at 2011-05-23 10:55
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧