Hungry girl's diary

Introducing easy and healthy everyday Japanese home cooking.
<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
弁当 SOS Bento box S.O.S.
お昼頃携帯が鳴った。番号を見ると息子の学校からだ。ギョッとして、逃げろ、という思いが反射的によぎった。。。が逃げたって携帯もって逃げるんだから仕方が無い。覚悟を決めて『何ざんしょ?』とでると、案の定息子の担任だ。(つったく、今度は何したんだ、あいつ)と思ったが、実は息子のお弁当箱が3人の男の先生達がいろいろやっても開かない。どうやって開けたら良いか?という事だった。はっ!そう言えば今朝も寝坊をして急いでお弁当を熱々のまま詰めてフタをしたんだ。。。日本のポケモン弁当箱、パッキングがよく出来ているだけに、漏れないけど熱いものを詰めると真空パックみたいになってフタがくっついちゃうんだった!そういう時はバターナイフなどを差し込んで空気を少しでも入れると、パコッと簡単に開くのであるが弁当箱慣れしていない先生達には開けるのは大変だろう。。。しかし男の先生を3人巻き込んでの大騒動になるとは。。。笑っちゃいかんが、想像すればする程笑えて仕方が無い。帰宅した息子にどうしたか聞いてみたら、結局開けられなくて先生がチーズサンドを作ってくれたそうだ。御世話になってる。。。親子そろって。

Around noon, my cell rang. It showed the number of my son's school.....for a split second, my instinct said "run away!"....but my sanity kicked in and realized it won't help to run since I'd be running with the cell in my hand.... Anyway, it was from his teacher and to my pleasant surprise, it wasn't about my son being in trouble. It turned out that the lunch box's lid was stuck and even a couple of male teachers tried, the lid did not come off. A,ha. My's son's Pokemon lunch box is from japan. As with other Japanese products, it's functionality is made to perfection. The packing on the lid is so well done that there is no leakage of any food, BUT, if packed while food is still hot, it creates an impeccable vacuums inside. All you need to do is to slip a butter knife in between and let the air in. If you try to simply peel off the lid, it won't open....I just pictured bunch of male teachers trying desperately to yank off the lid with bunch of Pikachu.....sorry, but quite funny. My son came home and told me that they couldn't open, so ended up giving him a cheese sandwich. Lucky day for him!
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-27 05:49 | lunch box
子供教室 kid's cooking class
カメラが壊れた為、最近プログに載せてませんが、やってますよ、週一の子供教室。さて、もうすぐ学校も終わりです。(こちらは9月が新学期)お料理教室も終業式をする代わりに子供達主催のディナーパーティーをそれぞれの家族、親戚を呼んでどーんと再来週行う企画をたてた。メニュー作りから全部子供達がする。かなり大掛かりな事になったので、準備は当日だけでは間に合わない。今日からその準備に取りかかった。アパタイザーの一つに餃子があるので、今日はその仕込み。100個以上作らなければいけないので、兎に角今日作って当日まで冷凍しておくことにした。うちの子達、上手になった。。。始めはぐちゃぐちゃしか出来なかった子も今ではチャイナタウンの餃子屋さんにいるおばちゃん達に勝負を挑めるかも。たいしたもんだ。もう一つこのディナーパーティーの目玉はそれぞれの子供達が“芸”をお披露する。やる気満々である。しっかし皆芸達者だ。恥ずかしがるどころの話ではない。もう、出たい!見せたい!という根っからのエンターテイナーばかりで、ほっておけば延々とリハーサルを。この辺がやっぱりちょっと日本の子供とは違うな〜と面白く思う。この子達が将来、この教室での時間を“子供の頃の良い思いで”として思い出してくれたら、最高に嬉しい。

I haven't been posting my kids class lately, but it's still going strong! Since it's almost at the end of school year, we thought it'll be nice to throw a year end banquet prepared and hosted by the children for their families. It turned out to be a full course with appetizers, main course and desserts, so we had to get cracking from today even though the banquet is in two weeks. Today, we tackled 100 gyoza dumpling making. What's so great about gyoza dumpling is that they can be frozen until needed and still taste fabulous. I have to say, my students are almost at a "pro" level when it comes to making gyoza....possibly a good match with those Chinese ladies at the dumpling specialty stores in China Town! They all started from squished ones....boy they came such a long way....pass me the tissue...! They'll also provide the entertainments at the party. Honestly, I'm so impressed how every one of them are so super excited to show their talents. There will be a story telling, comedy, guitar and an original skit. They would continue to rehearse endlessly if they could...talk about the showman ship. I'm starting to realize that all we want to do as grown ups are to make some good childhood memories for our children. I'd be more than thrilled if they could reflect the time spent in my class as "good old days" when they grow up.
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-25 13:09 | cooking class
鳥骨ラーメン chicken broth ramen noodle
雨ばっかり。。。こう雨が続くとさすがの能天気な私も気分が沈む。朝からドヨヨ〜ンとしていてなんともやりきれない。悪天候のせいで企画されていたイベントもキャンセル。ぽかんとスケジュールが空いてしまって気が抜けた。やらねばならぬ事が山ほどあるのだが、つい、お料理に逃げてしまった。以前から考案していたレシピを試す絶好のチャンス。今ここマンハッタンは豚骨ラーメンブーム。日本の老舗から新しいお店まで、猫も酌しも豚骨である。確かに美味しいが、40を超えた熟女にはちとくどい。ラーメンは好きなので色々研究しているが、日本にあるお店で鶏ガラを20時間にて作る鳥骨スープで有名なラーメンを一度自分でも作ってみたいと前々から思っていた。20時間は無理なので5時間に省略して作ってみた。時間を短くする代わりに、昆布や、沖縄のアゴだし、干しえび、色々な野菜などを加え最後に具用の有頭海老も入れた。アクと油を徹底的にすくい、コクがあるが澄んだスープを作った。麺は実はラーメンでなく母が送ってくれた島原そうめん。単にラーメンの麺を買いに行くのがおっくうだったのだがさすが島原そうめん、腰に関してはラーメンの麺に負けてない。美味しかった。写真が無くて大変残念である。今、どのカメラを買うか研究中。プログを見て頂いている方々、後ちょっとがまんしてくだされ。

For this past few years, there has been a huge boom of "tonkotsu"(pork bone stock)ramen noodle here in Manhattan. It's undoubtedly delicious, but I find it a bit too rich to eat on a regular basis. It's been rain after rain and has been really depressing, so I thought today is a perfect day to try out a new ramen noodle recipe. Instead of using pork bone, I used chicken and cooked it for 5 hours along with konbu seaweed, dried shirmp and whole lot of veggies. I scooped out all the scam and excess fat during the process to make rich, but clear broth. Easy, but quite labor intensive, oh, but totally worth it. The end product was to die for. I didn't have ramen noodle on hand and was too lazy to go shopping, so I used a special angel hair noodle which was sent from Japan. I wish I had a picture to show...please bare with me. I'm still researching which camera to buy. Anyway, I think I make pretty dame good ramen noodle. Hell I pay 13 bucks for a bowl of ramen noodle!
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-24 09:42 | dinner
被爆者のイベント Atomic bomb surviver event
去年国連で行われたピースコンフェレンスで長崎、広島の被爆者の方々の通訳をさていて頂いた関連で今年も日本から原爆の恐ろしさ、悲惨さ、そして核兵器の無い平和を訴えにこられた被爆者の方の通訳をさせていただいた。今回通訳した方の体験談は初めて聞いたものだったので、通訳しながら涙をこらえるのが精一杯だった。アメリカ人の半数以上が日本での原爆は正しい選択であったと認識しているのが現状だ。原爆問題をあげると必ずと言っていい程、『あのパールハーバーを忘れるな』という言葉がでてくる。しかし原爆は人類を土地ごと滅ぼしてしまう。そして生き延びたとしても被爆者として差別され、また生まれてくる子孫までも原爆の影響を受け続けるのである。戦争でどちらが何をした、という次元を超えて、人が人に対してが使うべきではないものなのだ。当時まだ5歳、7歳だった被爆者の方はもう70代を超えている。彼らに原爆の体験談を世界に伝える時間は残りあとわずかである。私達に出来る事、それは原爆の事実を伝え続ける事だと思う。今日、改めてそう思った。

I had a privilege to work as an interpreter for the atomic bomb surviver of Nagasaki and Hiroshima in last year's peace conference at UN. This year, two survivors came from Japan again to give their testimonies to inform the terrifying truth about the atomic bomb and to ensure the need to abolish all the nuclear weapons from this world. More than half of Americans consider the usage of nuclear bomb in Japan as the right choice. When the topic of nuclear bomb come up, majority say "Remember the Pear Harbor." But atomic bomb destroys the whole human race as well as the lands. Even some survive, they suffer from the after effect from the radiation, along with the discrimination the fact that they are radiated and even their children are deeply effected by the radiation from the bomb. Human and atomic bomb can not co-exist. No matter what the war is about, the nuclear weapon should not be used. The testimony of the bomb surviver is beyond our imagination. They have gone through "Hell." As I was interpreting, it was so hard to hold tears. It's not about who is right or wrong. We have to work together to abolish nuclear war from this beautiful earth....for our children. As an individual, I can't do so much, but I will continue to pass on the truth about the A-bomb to the next generation. If my generation can't abolish the nuclear weapon, hopefully they will.
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-23 10:55 | outings
新企画 new project
今年からバーモントにあるオーガニック畑と提供して色々プロジェクトをくんでいる。この畑は去年からマンハッタンを含むNY近辺でCSA(community supported agriculture)、要するにコミュニティーによってサポートされている畑を名乗り、季節にとれるオーガニック野菜を契約した家庭に届けている。それだけなら他のCSAの畑もやっているのだが、この畑の面白い所は野菜を配るだけでなく、野菜の使い方を消費者に教育出来るよう、テストキッチンをもうけ、又手軽にオーガニック野菜を食べられる様、調理した料理も提供する企画をしている。野菜だけでなく、オーガニックの卵、お肉、チーズなどもある。お肉に関しては、チェルシーマーケットのお肉屋さんがチームメンバーに加わったので、畑で育てた牛をリクエストに応じて切ってくれる。凄いのだ。私の仕事は畑で出来る野菜を使っての商品開発。嬉しいのは紫蘇やごぼうなど、リクエストすれば作ってくれる。料理関係者にとっては幸せ他ならぬ。この畑、実は前はオーガニックではなかった。知らなかったがオーガニックにするには、はい、これからします。。。という訳にはいかないそうだ。土から改善していかなければいけないので準備にかなりの時間を要する。やっと今年から政府のオーガニックの許可が降りた。今月からやっと営業開始。プレス用にホテルでお披露目パーティーがあり、息子を引き連れて寿司ケーキと豆腐と紫蘇のサラダを提供してきた。畑も私も駆け出し、ということで力が入る。がんばるべ。

I'm now affiliated with an organic farm called Holton farm in Vermont. It's been such a pleasure working with them since they are one of the kind CSA. They grow organic produce and deliver to NY area. What makes them so unique is they have various new projects. They have their own food truck that sells prepared food using their produce including cheese, meat, pasta and eggs. They also want to have a test kitchen where they can test various recipes and also educate the consumer how to use their produce. They also have their own butcher who works at the Chelsea Market and can cut the organic grass fed beef according to customers' requests. I take a part in developing the products using their produce.....the great thing about this is that they'll grow vegetables I request...priceless! This is is their first year as an organic CSA. We had a party for the press at the hotel and I brought my staple sushi cake and tofu salad with shiso dressing. The party was a huge success! Look for us in your neighborhood and I'll promise you...good eats all the way!
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-23 09:47 | outings
Nougatine at Jean Georges restaurant
久しぶりに友達とコロンプス サークルにあるNougatineでランチを頂きました。ここは10年以上前に、両親がNYに住んでいた頃から時々来ていて思い出がいっぱいの所なので、今回も楽しみにしていたのだが、ちょっとがっかりした。味もプレゼンテーションも以前と比べると雑になった気がする。レストランで、特に他の人と一緒の時、食べ物に関してクレームをつけるのはスマートではないので滅多にしない様にしている。今までの経験で一度、あるレストランであまりひどかったので食べ物を下げてもらったことがあるが、後味が大変悪く後悔した。父曰く『食べ物ごときに文句をいうのはみっともない』というのはこういうことか、と肝に命じた。。。はずだった。だが、今日のメインディッシュは、かなり厳しいものであった。レッドスナッパーのソテーだが、火の通し過ぎでパサパサ。しかもすっかり冷めてしまっている。そして極めつけはソースが塩からすぎる。無理して食べようとしたが、ご飯を一膳持って来てもらわない限り辛過ぎて無理と諦めた。ウエイターが『いかがですか』と聞きに来た時、なるべく丁寧に、『ちょっとがっかりです』というと、マネージャーがやってきた。ひからびた魚を見るなり、『シェフが昨晩飲み過ぎたのかもしれません。。。全てのお料理を完璧に出すのはなかなか無理なんですよ』と言った。まあ、人間だからそう言う事もあるかもしれない。が、一応このレストランは一流と言われているのだからもうちょっとがんばってほしい。怒る様な事ではないが、そう、残念であった。まあ、運が悪かったのだろう。普段のおこないを気をつけねば。。。お勘定を見ると、レッドスナッパーの分はチャージされていなかった。その辺はちゃんとアフターケアーが行き届いている。ただ、やっぱり文句を言うのは嫌なものだ。

Had a lunch date with my friend at Nougatine on Columbus Circle. This restaurant has been there since my parents were here and is filed with so many good memories. I was really looking forward to going back, but it turned out to be a big disappointment. When I dine out, I know how "turn off" it is to complain about food. During my long dining history, I've only returned the food once at a high end restaurant known for it high price tag. Food was horrible, but what I learned from that experience was how it made me feel terrible afterwards. As my father says, "Complaining something as puny as food is such a wasteful thing to do"....I vowed to not to do that again. BUT, my sauteed red snapper (they only had black fish) was away too cooked and dry and cold. The worse part was the sauce. It was very, very salty. Unless they brought me a bowl of rice(!), there was no way I could eat anything as salty as that. I was fighting whether I should say something or not, especially I didn't want to be a party pooper for my friend. But when a waiter came and asked "Is everything OK?", I could not lie.....I tried my best to be as polite as possible, but had to tell him it's very disappointing. The manager came and as soon as he realized the problem, he said "Maybe the chef had too much to drink last night.....it's hard to make every dish perfect." Well, I guess super chef is also human. Bound to make some mistake, but look, it's Jean Georges. Has some reputation to keep up, buddy! Anyway, it's not really worth getting angry at. Guess I was very unlucky. Next time, I'll wear my lucky bunny leg or something. The red snapper was not charged after all....gracious customer care, but I just wanted to enjoy my lunch with friend......!

Nougatine at Jean-George
1 Central Park West
(212)299-3900
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-14 05:07 | outings
疲れた。 Dead tired
月曜日。先日息子の火傷騒動を書いたが、今日、朝一で小児科につれていった。今日は午後から学校での講義がはいっているので早々に見てもらわなければいかない。病院に着くと、『予約がないなら空きができるまでまつのね』と冷たく受け付けの爪の長〜いねぇちゃんが言った。う、やな感じ。しかしここで喧嘩しても更に意地悪をされるだけの話。ぐっとこらえて、昔はやった歌謡曲ではないが、『私待つわ』とおとなしく待ち合い室に座った。しかし1時間たち、また2時間たってもに呼ばれない。講義に遅刻するわけにもいかないので、2時間待ったけど一旦引かねばならぬ、と例の爪長ねーちゃんに、顔を引くつらせながらも微笑んで夕方の予約をとってもらった。勿論息子を学校に送る時間など残っちゃいない。息子同伴で講義にタクシーを飛ばした。今日の講義先はマディソン アベニューにある、マンハッタンAリスト御用達、お嬢様私立校である。息子は学校に入るなり、『ここは美術館か?』と混乱した程美しい学校であった。日本の事を勉強する週だそうで、最後は日本食の晩餐会が行われるとか。私の講義はその晩餐会に向けての準備みたいなものだ。すごいなあ。学校側のご好意で息子の同伴も許され、無事1時間の講義も終わらせる事ができた。その足で病院にトンボがえり。更に1時間待ったあげく、やっと診察。結局私がしていた応急処置と同じ事をしてもらって、10分で終わった。いったい今朝からのドタバタは何だったんだろう、と思う一方、もう、疲れきって、どうでも良い、というのが本当のところだ。心身共々クタクタである。寝よう。また明日のバトルが待っておる。
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-10 12:05 | cooking class
青豆ご飯  Fresh green peas rice
Chopsticksという月刊雑誌に、旬の食材、というページを頂いている。毎月旬の食材を使ってアメリカ人でも簡単に作れる和食を提供しているのだが、6月号は『青豆ご飯』にした。グリーンピースは冷凍や缶詰で一年中手に入るのだが新鮮な物は季節の物である。私は昔イギリスにの大学の寮にいた時死ぬ程グリーンピースを食べた。すっかり嫌いになったのだが最近ファーマーズマーケットでサヤ入りの物に出会ってから新たに認識が変わった。研究と言うと大げさであるが、豆ご飯を提供するに当たって何度か試してみて、豆に皺が寄らずふっくら緑色をキープする方法が分かった。今、私に豆ご飯を語らせたら凄い。

Green peas are available all through the year since there are canned and frozen ones. Have you ever tasted the ones from fresh out of the shell? Look, I'm a victim of the peas and carrots....I went to University in England. I had my life supply of them, trust me. BUT, this all changed when I tasted the fresh green peas farmer's market. They are so sweet and plump
. Of course you have to work a little to shell them for the pods, but it's all worth it. I came up with a perfect recipe to keep the green color and the plumpness of the green peas for the Chopsticks NYC magazine. No ones want s to mess with me when it comes to the green peas rice recipe, honey!
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-09 11:25 | dinner
母の日 Mother's day
今日は巷では母の日。我が家でも一応朝起きた時はそのつもだった。朝ご飯を食べていると、息子の肘が目が飛び出るくらいの水ぶくれになっておるではないか。そうか!昨晩夜中にベッドから落ちたとき、ヒーターに腕をぶつけたんだ。寝ぼけていたからそのままベッドによじ上って寝てしまって火傷に気がつかなかったんだ。もう、なんてこった。。。直ぐ冷やせばこんなにひどい火傷にはなってなかったはず。。。ちょうどクレジットカードぐらいの火傷である。今日はERしか開いていないから月曜日の明日、朝一で小児科につれていかなくては。。。でも月曜日は仕事が一杯入っている。とほほほ。こんな感じで母の日は始まった。しかしよくそのまま寝れたもんだ。。。にぶいな、ちょっと。すっかり疲労困憊な母に元気もりもりの息子は言った。『ちょっと公園に出かけてくる! 母の日だからね。花を持ってくるのさ!』む、息子よ。。。それ、君の気持ちはありがたいが、公園から花ちぎってくるのはちょっと待ってくれ。そう言う事はこっそり内緒でやっておくれ。すると今度は豚さん貯金箱を持って来た。お手伝いをすると5セントとか10セント、時々25セントをあげているので小銭がジャラジャラ入っている。それを持って花を買ってくると言う。何か、辛い様な嬉しい様な気持ちになった。せっかくためた小銭、自分の為に使ってほしく無い、でも息子の気持ちも大切にしたい。そこで、母は花の絵が欲しい、ということでお互い納得した。やれやれ。さて、晩ご飯。母の好きな物オンパレード、と言う事で今日は『貝づくし』。帆立の刺身をファーマーズマーケットの漁師さんから買って、近所の魚屋さんではムール貝、牡蠣、蛤をゲット。昨日の雑誌の撮影用に作った紫蘇のペストを使ってムール貝を蒸し、牡蠣はハーフシェル。蛤は焼き蛤にしました。母になって約10年。まだまだ未熟で大変であるが、後悔無しだ。そして苦労は続くであろう。どんと来い!

My mother's day started out like this.....at breakfast, I found a huge burn with blister on his elbow. Apparently he fell from the bed and burned his elbow with a radiator. Since he was still half a sleep, he climbed up the bed and went back to sleep. If it was iced then, I don't think it's gotten this bad...but my son's determination to going bak to sleep won over the pain. It's not worth it to bring him to a chaotic ER, so I'd have to take him to the doctor's office first thing on Monday, which is packed with work for me....I'm already in "exhausted" mode. Then, he said " Mom, I'm going to the park to pick some flowers for you!" with big smile. S.son, thanx, but it's illegal to pick flowers from the park(unless you do it in secret!)......thanx, but not happening. Then he brought his piggy bang filled with small coins he got from taking out the garbages. He said he wanted to buy me a flower using these coins. This really touched me, but also made me sad. I didn't want him to use his savings on me. So, we've settled for him to draw me a nice flower picture. For dinner, it was everything I liked. Scallop sashimi from the fisherman at the farmer's market, clam, oyster and mussels from the neighborhood fish market. I steamed the mussels using the shiso pesto I made for yesterday's magazine shooting, made oyster half shell and grilled clams. This mama is HAPPY with half bottle of my favorite Pinot Grigio! It's been almost 10 years since I became a mom. Still clueless and tons of struggle, but absolutely no regret. Bring it on baby, I can take more to come!
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-09 09:17 | dinner
チリ産巨峰 Kyoho grape from Chili
今日、近所の八百屋さんでチリ産の巨峰、{kyoho}とラベルが張ってあるものを発見。日本のよりちょっと色が薄い気がするが買ってみた。息子は日本で巨峰を食べて以来、キョッホ、キョッホと思い出しては懐かしんでいる。キョホウでなくて、キョッホになっているにしても、ガールフレンドになった二人のかわいい女の子の名前は思い出せない。。。まさに色気より食欲である。さて、家に帰ってから早速試食してみれば、限りなく日本の巨峰にそっくりな味である。これは嬉しい。ただ、アメリカ人はやっぱり皮ごと食べるんだろうなあ。。。剥いてあげたい。

I found some "Kyoho" grapes from Chili at the neighborhood market. Kyoho is a Japanese grape and amazingly juicy and sweet. It has thick skin, so most Japanese peel the skin which slips right off before eating. It's 100 times tastier without the peel, but I wonder if people here know about this. When I came here, I was amazed how people eat everything with skin on...apples, grapes, peaches, etc. I learned to enjoy the convenience of eating with skin on, but to be honest, things taste better when the tough part is removed. So, if you happen to find the Kyoho grape, please peel before popping them in your mouth. And if you really want to eat like Japanse (for whatever reason...), then take out the pits, too! Bon appetite !
[PR]
by hungry-witch | 2011-05-08 02:16


by hungry-witch
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DIET MENU ..
from わWa NYC Japane..
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
Il Tesoro
at 2013-02-25 13:36
Albella
at 2012-04-23 03:26
ふぐ! blow fish ..
at 2011-11-19 01:15
たこ焼き  octopus..
at 2011-11-18 13:20
全力投球 best cate..
at 2011-11-14 13:59
たまにはね。。。 Once ..
at 2011-11-14 10:19
Il Punto
at 2011-11-10 23:17
ハローウィーン  Hallo..
at 2011-10-31 10:34
porgy&flounder..
at 2011-10-18 10:49
Kid's class ne..
at 2011-09-22 12:17
50 people cate..
at 2011-09-22 09:30
日本からの食べ物は汚染されて..
at 2011-06-14 03:27
Picholine @ Li..
at 2011-06-11 10:20
子供教室お披露目パーティー ..
at 2011-06-07 15:31
買っちゃった! my dar..
at 2011-06-05 10:39
オクラのたたき  chopp..
at 2011-06-02 12:54
弁当 SOS Bento..
at 2011-05-27 05:49
子供教室 kid's coo..
at 2011-05-25 13:09
鳥骨ラーメン chicken..
at 2011-05-24 09:42
被爆者のイベント Atomi..
at 2011-05-23 10:55
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧